サービス

銀行に依存しない資金調達

ご挨拶

銀行に依存しない

多くの中小企業の経営者様から「銀行や政府系金融機関からの調達が難しくなったとき、どこから、どのように調達して良いか分からない」と、ご相談いただくことが多くなりました。

中小企業の血液ともいえる資金調達、以前はスコアリングのみで多くの銀行が、プロパーで無担保融資を積極的にやっていた時代がありました。
しかしながら2008年3月以降の金融庁による金融検査の厳格化により、金融庁の金融検査の対象とされている銀行は、不良債権査定の見直しをせざる得ない状況になり、結果として中小企業に対する貸し付けが保守的になりました。
そんな中でも、ノンバンクや貸金業者の数は多く、短期融資に関しては中小企業をバックアップしておりました。
ところが2010年6月18日の改正貸金業法の完全施行により、100万円以上の融資の金利の上限が、29.2%から15.0%に下がったことが、逆に事業ローンには陰りを落とします。
貸金業法の改正にいたった経緯は、ヤミ金融が台頭して、多重債務者が社会問題化し、貸金業の適正化・過剰貸付けの抑制・金利規制の適正化などにスポットがあたり、個人ローンに関しては、至極当然の改正ともいえました。
残念なことに、個人ローンと事業ローンの分別はされず、15%に上限金利が抑えられることとなります。
事業ローンには個人ローンにはない、増加運転資金という資金使途が存在いたします。
増加する売上の利益額よりも、調達コストが小さければ、ビジネスを拡大することが可能なのです。
ビジネスを拡大できればスケールメリットにより材料費等のコスト削減にも繋がります。
利益トントンであっても事業を拡げるメリットはあるわけです。

貸金業法の改正により、採算とリスクが取れなくなったノンバンクや貸金業者の数多くは、当然に中小企業に対する貸し付けに保守的にならざるを得ず、グレーゾーン金利の過払い金返還請求で、破綻や廃業する業者も続出して、中小企業への短期融資、特に無担保融資を行うプレイヤーが激減する状況になりました。
この結果、苦しんでいる中小企業が多いのが現実問題なのです。

しかし落ち込んでいる場合ではありません。
この時代にどう生きるかが未来をつくります。
時は過去から未来に流れていると思いがちですが、未来から過去へ流れています。
未来は自分の心にあり、強い思いが未来を作ります。

「There is always a better way」
より良い方法は、常に存在している

この時代にあった資金調達と中小企業に対する支援方法は存在しています。
そんな中の一部を参考にしてください。

ここではファクタリングについての説明は割愛しますが、現況といたしましてファクタリングを装ったヤミ金業者、あるいは多重譲渡や架空債権をあまり悪いことと思わない一部の利用客が増えたことで、ファクタリング業界は正常な状況とはいえず、ファクタリングを良くない資金調達と錯覚をしている方も少なくありません。
後ろ向きの資金を、調達コストが高いファクタリングで調達するのは大反対ですが、銀行からの資金調達が難しくなった中小企業にとって、ファクタリングによる増加運転資金で売上を増やすことは、やり方を間違わなければ、非常に有効かつ利便性の高い資金調達であることに変わりはありません。
先程も申し上げましたが、増加する売上の利益額よりも、ファクタリングコストが小さければ、ファクタリングの高い調達コストを吸収することができます。

後ろ向きの資金使途であっても、事業継続させるためには、ファクタリングを利用せざる得ない経営者様もいらっしゃいます。
しかし調達コストが低い資金にシフトすることまで視野にいれていますでしょうか?

「超短期的な資金調達」と「短期的・中期的・長期的な資金調達」を掛け合わせることで、事業を加速させ安定させ資金難からの脱出をはかります。

ファクタリング×決済代行&債権保証とは?

ストレスフリーなBtoB後払い決済サービス
手間もリスクも不要

請求業務の手間も未回収リスクもUNITYが代行。安心の掛売り決済(後払い/請求書払い)を誰でも簡単に導入できます。与信審査では取引先の反社チェックも行います。

UNITYの後払い決済サービスはここが違う

企業が仕入れ先のメーカーなどに対して支払う代金をUNITYが代わりにお支払い致します。
その後、企業に対してUNITYが請求と回収を行います。
卸売などのメーカーでは、資金繰りが改善されることに加え、請求業務の効率化が期待できます。
仮に取引先が倒産し、未回収代金があってもUNITYが全額保証するため、メーカーにとっての未回収リスクもなくなります。
導入費用や月額費用は無料。手数料は3.5~5.0%。請求書発行は1通につき税込150円。

後払い決済サービスのフロー

掛売り(請求書払い)に対してこんなお悩みありませんか?

未回収リスクが不安

未回収リスクが不安

請求業務が煩雑

請求業務が煩雑

取引開始までが長い

取引開始までが長い

社内審査が通らない

社内審査が通らない

与信管理(反社チェックを含む)から代金回収まで
すべての業務を代行します

掛売りで発生する請求業務をすべて代行。
さらに取引先が未払いだった場合も、代金を100%お支払いします。

与信審査

与信審査

請求書発行

請求書発行

入金管理

入金管理

催促

催促

代金回収

代金回収

売上拡大に集中できるから、営業が強くなる

UNITYの売掛保証は、取引先の「支払い遅延」や「倒産」時に当社が取引代金をお支払いするサービスです。
回収リスクがなくなるので、営業部の生産性は向上し、経営の競争力が高まります。
もちろん、取引先に保証を掛けていることを知らせる必要はありません。

請求業務でこんなお悩みありませんか?

請求書作成という大量の単純作業で、桁数ミス・単価や数量の入力ミスが起きてしまう。
請求ミスを防ぐため、社員2~3人で確認をしている。
他にやりたい仕事がたくさんあるが、月末月初は請求書作成業務に追われている。

「UNITYの売掛保証」が選ばれている理由

請求金額を先払い

「UNITYの売掛保証」は、請求をした時点でUNITYが貴社に対して債権額を先払いいたします。

支払い遅延も保証

「UNITYの売掛保証」は、倒産だけではなく支払い遅延も保証対象としたサービスです。安心感が違います。

手厚いサポート

「UNITYの売掛保証」は専任の担当者が、取引状況に合わせた保証の掛け方などご相談を承ります。初めてでも安心してご利用いただけます。

ファクタリング×不動産の流動化とは?

不動産のセール&リースバックとは、一旦所有不動産を不動産会社や投資会社に売却して対価を得て、賃貸借契約で継続利用する不動産の流動化のことですが、非常に最近、ご利用を検討させる方が増えています。

その理由は、

  1. 銀行の融資機能が対中小企業について十分機能していないこと。
  2. ヤミ金やヤミ金に近いファクタリング会社とは言えないところから資金調達したことから、経営の状況が悪化して、税金や社会保険の滞納が増えたことなどから、ノンバンクの不動産融資をご利用になれない方が増えたこと。
  3. ノンバンクの不動産融資の融資掛け目が、不動産市況の下落局面に入ったことで落ちたことで、ご希望の融資額に届かないことが多くなったこと。

以上のようなことから、融資のように審査が厳しくなく、融資額よりも不動産のセール&リースバックの調達額の方が高い例が増えていることで、ご利用を検討させる方が増えているのだと思います。

リースバック・不動産担保ローンの比較

こんな種類の資金調達方法もございます。
「リースバック」と「不動産無担保ローン」の比較をご確認ください。

※弊社独自の見解になります。各サービスの詳細条件は各サービス提供会社へお問い合わせください。

リースバック
リースバック
不動産無担保ローン
不動産無担保ローン
比較表
リースバック 不動産無担保ローン
仕組み
不動産売却後、賃貸する仕組み 不動産を担保に、一括で融資を受ける仕組み
借入の有無
なし あり
所有権移転
する しない
担保の設定
不要 必要
ポイント
  • 売却して賃貸に切り替え
  • 適用条件に幅があるため、活用しやすい
  • 不動産を担保にする一般的なローン
  • 条件が厳しい
メリット
  • 自宅に住み続けることができる
  • 適用不動産の幅が広い
  • 審査が比較的短期
  • まとまった資金が入る
  • 資金の使途に制限が少ない
  • 条件によっては買い戻しも可能
  • 自宅を担保に融資が可能
  • まとまった資金が入る
  • 不動産評価が比較的柔軟
  • 無担保ローンよりも低金利
  • 借入れ限度額が大きい
  • 長期間の借入れが可能
  • 資金の使途に制限が少ない
  • 審査が比較的短期
  • 相続人の同意は不要
デメリット
  • 所有権が売却先のオーナーに移転する
  • 月々の家賃支払いがある
  • 年齢や所得に制限がある
  • 不動産評価額が変動することもある
  • 月々に元本+利息を支払う必要がある
  • 金利が上昇することもある

現況の不動産のセール&リースバック概要

条件
対象になる不動産 全国の戸建、一棟マンション、アパート、区分マンション、商業ビル、駐車場、ソシアルビル、レジャーホテル、区分所有の店舗など
リースバック期間 2年(案件によっては再契約の期間延長も可)
金額 ~5億円
コスト

(家賃)リースバック額の3~15%

  • 大都市圏の不動産 3~8%
  • その他の地域の不動産 6~12%
  • ソシアルビル、レジャーホテル 10~15%


(他のコスト)

  • 家賃保証会社の保証
  • 保証料:家賃1か月分が必要な場合があります
  • 敷金1ヵ月分が必要な場合があります
買い戻しの金額 売却額の1.15~1.25倍
実行までの期間 2週間から1ヶ月半

ファクタリング×助成金の有効活用とは?

現在の助成金について

3500種類以上あり、3つの団体(地方自治体、経済産業省、厚生労働省)が管轄しています。

組み合わせて申請することが可能で、当然 返済は不要 です。

安倍総理が推奨している助成金制度です

(下記、安倍内閣総理大臣施政方針演説より)

  • 「助成金を拡充し、正規雇用労働者へのステップアップを促進します。」
  • 「助成金を活用し、非正規雇用の若者たちの正規雇用化を応援します。」
  • 「魅力ある中小企業がたくさんある事を若者たちに知ってもらう仕組みを強化します。」
  • 「助成金を拡充し、非正規雇用の皆さんの均衡待遇の確保に取り組みます。」
  • 「正社員化や処遇改善を進める事業者への助成金を拡充します。」
その受給には膨大なノウハウが必要です

現在最も活用いただきたい助成金

  • 背景 「格差是正」に政府の方針が転換。従業員の待遇改善に尽力する企業に助成金を給付。
  • 従業員の教育・非正規社員を正規社員とする対策をした場合に給付される助成金。
  • 最大の特徴  多額の助成金額の他、業務のカリキュラム化等で人材教育、業務見直し等、組織強化に直結。
助成金のフロー

3つの要件

  1. 雇用保険(社会保険)適用事務所であること (事業所ごと(×会社ごと)の申請です)
  2. 計画申請を提出していること (いきなり支給申請するものではありません)
  3. 事業者都合で解雇していないこと (していても対策はあります)

受給までの流れ

受給フロー
下矢印
各種申請、検査対策等、経験、実績、ノウハウが豊富な弊社にお任せください。

ファクタリング×ノンバンクの無担保ビジネスローンとは?

個人信用情報に問題がなければ、高い確率でご利用になれる実例が増えています。
融資額は一社500万円以下の場合がほとんどですが、500万円以下のファクタリングのご希望の場合、代表者のCICなどに問題がない場合、積極的におすすめしています。
調達コストもファクタリングと比較すると、年利15%以内で、しかも1年とか2年返済の場合が多いため、銀行金利と比較すれば高いですが、ファクタリングのコストと比較すれば1/10程度に抑えることができます。
実行までの日数も数日で可能ですし、地方のお客様はもちろん、個人事業主の方もご利用になれます。

PAGE TOP